ニーズをカタチにする、様々な最新設備を導入しています

テクノプラストでは、最新鋭の設備を備えた工場で、永年培ってきた独自技術を駆使して様々なニーズにお応えいたします。
指先に載るような極小部品から複雑な形状の精密部品まで、試作品1個から量産までフレキシブルに対応いたします。
常に新たな可能性を追求しながら、様々な最先端設備と優秀な人材による工程ネットワークで付加価値の高い商品をご提供します。

プラスチックモデル加工・精密部品加工など、お気軽にご相談ください。

設備導入事例

大型CNC三次元測定器の導入

お客様のご要望に合わせ、大型部品精度を保証するため、「ミツトヨ 大型CNC三次元測定機」を導入稼働いたしました。
プラスチック製大型製品に要求される高精細な精度をさらに高め、品質保証体制の強化を行ないました。
そのため様々な加工機による複雑な曲面を有する部品加工が極限まで進化しています。 それに伴う品質保証の確立こそが「ものづくり日本」の要だと胸に刻んでまいりました。 加工技術だけでなく熟練を要求される測定手法にも高速化と安定した標準化をさらに究めコストダウンを図りました。

CNC三次元測定機は温度管理を徹底させた専用室で稼働させています。 安定した測定環境構築により信頼性の高い数値保証を実現しています。 また、複雑な三次元測定は専用ソフトウェアによる解析支援システムが完備しており、製品と共にわかりやすい保証データを提供できるようになりました。

これからもテクノプラストでは、弊社で出来ないものはないという理念のもと、一品一様の多種にわたる加工品を受注していくなかで、お客様のニーズに答えるための、専用の設備導入を常に検討しています。

設備紹介

マシニングセンターを始め、NCフライス・旋盤機、複合旋盤機など、高精度な加工を実現するための当社の使用機械をご紹介します。 プラスチック加工など様々な加工で活躍する、あらゆるお客様のニーズにお応えするための最新鋭の機械をご覧ください。

旋盤・複合加工・マシニング加工は、3DのCADデータを元に行いますが、「こういうものを実現したいのですが」というお客様のために、 ご相談内容を聞かせていただき、最適な素材のご提案はもちろん、コスト・効率化を考慮した製品の図面、試作品をご提案をいたします。

マイコンランニングソー
(4,000×2,100×130)

NCカットオフマシン

立型複合フライス
(500×1,000)

立型マシニングセンター
(2,075×1,070×800)

立型マシニングセンター
(1,050×560×470)

複合NC旋盤「インテグレックス」
(740×410×1,350)

事例紹介

職人が作るチェス
テクノ日記
会社概要